HOME > スタッフの活動ブログ

スタッフの活動ブログ

深谷市観光協会のスタッフが深谷市をPRするための活動レポートブログです

血洗島の獅子舞

こんにちは。

渋沢栄一「青天を衝け」で徳信院(慶喜の義祖母)役で出演されている
女優の美村里江さんも深谷市出身です。
市内を走るバスの運転手さんの話によると、
バスに乗っているミムラさんは、当時(高校生)から、オーラがあった
と話していました。深谷にもこんなキレイな子がいるんだなぁと。

さてさて、渋沢栄一翁の出生地深谷市血洗島の獅子舞。
深谷市の無形民俗文化財に指定されております。

先週の青天を衝けの終盤でも紹介されました。
血洗島獅子舞保存会により諏訪神社の秋の例大祭(10月中旬)
の時に奉納されます。

3.お祭り「奉納の舞」平田和彦

2.美術家協会長賞「栄一翁ゆかりの獅子舞」平田和彦

渋沢栄一ゆかりの獅子舞、
この時期に訪れた際には、ぜひご覧ください。

※コロナ等の状況により中止となる場合もございます。予めご了承ください。

 

2021年2月24日(水)|活動レポート 

青天を衝け始まりました!

こんにちは。

14日(日)から始まった渋沢栄一の大河ドラマ「青天を衝け」ですが、
初回視聴率が20%!すごい!8年ぶりの好発進だったようです。
引き続き、応援をお願いします(^O^)/

この辺りの方言(~だに、て~とか)も言葉に使われていたり、
お蚕ダンスにはちょっとびっくりでした!

 

さてさて、ドラマ館開館に伴い、渋沢栄一の施設を巡る論語の里循環バスも
本日から運行しました。

その停留所の一つに、岡部公会堂があります。
その近くに、高島秋帆(玉木宏が演じていた)が幽囚されていた碑があります。

西洋式の高島流砲術の創始者で、
東京にある高島平の名称は、ここから名付けたといわれてそうです。

写真の碑がある場所は、当時の岡部藩陣屋の一角であり、
この石碑の立つ場所に秋 帆は幽囚 ゆうしゅう されていたそうです。
岡部藩では客分扱いとし、藩士に兵学を指導したと伝えられています。

yuusyuunochi

循環バスをご利用の際に、立ち寄ってみませんか。

詳細・地図はこちら高島秋帆幽囚の地(岡部藩陣屋跡)

2021年2月16日(火)|活動レポート 

「青天を衝け」本日から放送です!

2月14日。
今日はバレンタイン

ではなくて!!いよいよ今日から始まります!

深谷で生まれた大偉人渋沢栄一が主人公の
NHK大河ドラマ「青天を衝け」。

DSC_1889

どんな物語になるんでしょう、楽しみですね!

放送にあわせ、2/16からドラマ館がOPENします。

DSC_1892

 

ドラマ館や、渋沢栄一関連施設を巡る前により渋沢栄一のことがわかる
「なるほど渋沢栄一」冊子を観光協会にて販売中です!
お越しの際はぜひどうぞ!

DSC_1682

 

2021年2月14日(日)|活動レポート 

観光案内所リニューアル!

こんにちは。

2月14日(日)からはじまる
深谷の偉人渋沢栄一翁主人公のNHK大河ドラマ「青天を衝け」

の放送に伴い、深谷駅にある観光案内所もリニューアルしました!

DSC_1891

DSC_1893

2月16日から開館されるドラマ館も併せてぜひお立ち寄りくださいませ(^O^)/

2021年2月11日(木)|活動レポート 

バナー追加しました!渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館

こんにちは。

コロナ騒ぎが始まってはや1年。
みんさんもそうかと思いますが、もう1年もマスクをし続けている生活です。

この1年、初めてお会いした方はほぼマスク顔なので、外した時に
こうゆう顔だったのかぁと思ったり、思われたり・・・。
medical_mask_toru

早く収束してほしいものです。

さてさて、深谷の偉人 渋沢栄一翁のNHK大河ドラマ「青天を衝け」が
いよいよ来月14日(日)から放送予定となっております(^^)/

あわせて、渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館も
2月16日オープン予定です!

観光協会のホームページにもドラマ館のページを追加しましたので
ご覧くださいませ(^O^)/
(観光協会ホームページ中央右あたり)

ドラマ館タイトル

2021年1月20日(水)|活動レポート 

バックナンバー

お使いのブラウザに最新のプラグインをインストールしてください。

  • 七夕ページバナー
  • 深谷まつりバナー


深谷市観光協会

〒366-0824 埼玉県深谷市西島町3-1-8(JR深谷駅内) TEL.048-575-0015 FAX.048-575-0016

このページのトップへ