HOME > スタッフの活動ブログ

スタッフの活動ブログ

深谷市観光協会のスタッフが深谷市をPRするための活動レポートブログです

好評です!なるほど渋沢栄一

渋沢栄一翁関連施設へ観光にお越しになった際は・・・
お土産にこちらをおすすめします!

「なるほど渋沢栄一」冊子です。
お子さまにもわかるようなQ&A方式で、渋沢栄一のことが学べます。

DSC_1620

DSC_1622

観光協会、大河ドラマ館物産館、ふるさと館OAKにて
にて販売中です!

深谷に来たときに、
または渋沢栄一関連施設へお越しの際は、ぜひどうぞ!

2021年8月11日(水)|活動レポート 

旧煉瓦製造施設

こんにちは!

昨日、テレビ東京のよじごしDaysで、渋沢栄一で盛り上がっている
深谷の観光スポットや、グルメなどなど放映されました。

その中のひとつ「旧日本煉瓦製造施設」を紹介いたします!

深谷市の上敷免にはかつて、明治20年(1887年)に設立された
日本煉瓦製造株式会社のレンガ工場がありました。
ここは日本で最初の機械式レンガ工場で、
郷土の偉人渋沢栄一翁らにより設立され、明治から大正時代の
代表的レンガ建築である、司法省(現法務省)・日本銀行
・旧東京裁判所・旧東京商業会議所・赤坂離宮・旧警視庁
旧三菱第2号館・東京大学・東京駅などに使われました。

また、ここで製造したレンガを輸送するため、
工場から深谷駅まで4.2キロメートルにわたって引き込み線が
敷設されましたが、途中の福川に架けられた鉄橋は
ポーナル型プレートガーダー橋として現存する
日本最古(明治28年)のもので、現在も大切に移設保存
されています。

 

○ホフマン輪窯

※ホフマン輪窯6号窯は、保存修理工事のため、平成31年(2019年)2月から
通常見学を休止しています。
見学の再開時期は令和6年(2024年)頃の予定です。

hohuman

 

○旧事務所」「旧変電室」

※土日のみ見学可能。

RENGA

 

○プレートガータ―橋

fkugawa

 

○備前渠用水路

tekkyou

お越しの際は、ぜひご覧ください(^^)/

詳細・お問い合せ:深谷市文化振興課 048-577-4501

2021年6月23日(水)|活動レポート 

新吉さんのうどん

中の家の隣にある煮ぼうとう専門店「麺屋忠兵衛」さん。
渋沢栄一生誕の地へお越しになった際にお食事された方も
多いと思います。

その新吉さんですが、
6/3~20まで創業感謝祭を開催しています!
生麺、ゆで麺2割引き!

深谷へお越しの際に、ぜひお買い物に行ってみてくださいませ(^O^)/

表

裏

2021年6月3日(木)|活動レポート 

一冊、いかがですか?

こんにちは。

先週、青天を衝けをTVで見ていたら、
高崎城乗っ取り計画を長七郎が止める場面がありました。
長七郎演じる満島真之介の迫力のある演技、良かったですねぇ。

尾高惇忠宅の2階で繰り広げられた高崎城乗っ取り計画の中止。
そして、この後血洗島を離れて、舞台が京都へ移るようです。
さみしいですが・・・(T_T)

さてさて、そんな渋沢栄一のことがまるごとわかるこの一冊。
「なるほど渋沢栄一」です!
お子さまでも理解できるようQ&A形式で読み進めます。
これを読んでから青天を衝けを見ると、面白さ倍増です!

DSC_2015

観光協会にて販売しておりますので、ぜひどうぞ!

2021年5月7日(金)|活動レポート 

藍、育ってきました。

こんにちは。

先日、「青天を衝け」深谷大河ドラマ館で
来館者先着1万名様に配布していた
藍の種を撒いたところ・・・。

こんなに成長しました!
DSC_2002

DSC_2011

藍とは、タデ科の植物とのことで、
染料や薬草として育てられていたようです。
藍色とは、インディゴブルーとも呼ばれ、サッカー日本代表の
チームカラーとして定着した「ジャパン・ブルー」のことばの
ルーツはここからきているようです。

染料にするには、収穫→発酵etcもろもろ行程がある模様・・・。
何か染めるまでには、手間も時間もかかりそうですが、
やってみようかな?

※現在、藍の種は配布しておりません。

 

藍色ではありませんが、このブルーもキレイですよねぇ。
DSC_1997

 

2021年4月21日(水)|活動レポート 

バックナンバー

お使いのブラウザに最新のプラグインをインストールしてください。

  • 七夕ページバナー
  • 深谷まつりバナー


深谷市観光協会

〒366-0824 埼玉県深谷市西島町3-1-8(JR深谷駅内) TEL.048-575-0015 FAX.048-575-0016

このページのトップへ