HOME > スタッフの活動ブログ > 深谷の三偉人と富岡製糸場

スタッフの活動ブログ

深谷市観光協会のスタッフが深谷市をPRするための活動レポートブログです

深谷の三偉人と富岡製糸場

こんにちは。

先週のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で、
2014年世界文化遺産となった群馬県富岡市の
「富岡製糸場」が放送されました。

15_1_ja

富岡製糸場は、1872年(明治5年)、主要な輸出品であった
生糸の品質向上と増産のため、明治政府により官営として
設立されました。

政府にあって設立に向けた計画や、調整を行った渋沢栄一
建設の中心となり、初代場長となってからは、工女の教育に
力を入れた尾高惇忠
試行錯誤を経て焼き上げた煉瓦をはじめ、数々の建築資材調達の
まとめ役を担った韮塚直次郎
3人はともに現在の深谷市の出身です。

絹産業遺産群のひとつ、田島弥平旧宅は、
中の家から約3.7km先のおとなり伊勢崎市にあります。

渋沢栄一生誕の地深谷と合わせて、富岡製糸場と絹産業遺産群も
見学されてみては
いかがでしょうか。

富岡製糸場見学方法や、お問い合せはこちらをクリック!
世界遺産 富岡製糸場
0274-67-0075

 

 

2021年10月19日(火)|活動レポート 

バックナンバー

お使いのブラウザに最新のプラグインをインストールしてください。

  • 七夕ページバナー
  • 深谷まつりバナー


深谷市観光協会

〒366-0824 埼玉県深谷市西島町3-1-8(JR深谷駅内) TEL.048-575-0015 FAX.048-575-0016

このページのトップへ