HOME > スタッフの活動ブログ > オガール紫波視察研修

スタッフの活動ブログ

深谷市観光協会のスタッフが深谷市をPRするための活動レポートブログです

オガール紫波視察研修

こんにちは。

4月上旬に、岩手県紫波町にある「オガール紫波」へ視察研修に行ってきました。

オガール紫波とは、東北本線紫波中央駅西側にある、PPP(公民連携)により開発整備された
官民複合施設。
人口約38000人、深谷の約1/4くらいのまちなのですが、このオガール施設に
年間80万人(道の駅はなぞの、おかべと同じくらい)が訪れる施設になっている
とのこと。

この手法で地域活性に成功したプロジェクトの講習を受け、施設を見学をして
深谷市観光協会も、深谷でなにかできないか模索するための研修です。

PPPってなに?PFIってなんぞや?というレベルなので、
事前の資料を理解するにも時間がかかりました・・・。
1

10.7haの敷地の中には、
・オガールプラザ(図書館、情報交流館、子育て支援センター、産直販売所、カフェ、
居酒屋、医院、宿など)
・オガールベース(バレーボール専用体育館、ビジネスホテル、コンビニなど)
・紫波町役場
・広場、公園、町が分譲する住宅地、木質バイオマスによるエネルギーステーション
・岩手県フットボールセンター、多目的体育館   があります。
2

 

以前、町にはひとつもなかった図書館。
地元の基幹産業の農業や、お隣の直売所で売っている野菜のレシピ本など
ピックアップして飾られていました。
また、音楽スタジオも施設の中にあるので、普通の図書館にはここまでおいてないと
いうくらいの楽譜も置いてあります。
3

 

休憩スペースには、子供達(春休み中だったからか)や
4

 

小さいお子さん連れのママたちや
5

 

勉強している学生さんたちも利用していました。
5-1

 

農産物直売所の紫波マルシェ。
町には、ここの他に9ヵ所直売所があるそうです。
岩手牛、豚、海産物も売っていました。
冷凍食品や、日用品も売っているので、スーパーのような直売所でした。6

 

バレー練習専用の体育館。練習専用なので、観覧席がありません。
11

 

夜、視察後の打ち合わせ。
凡人には思いもつかない議論をこのお三方が繰り広げ、物事の考え方なすごく勉強になりました。
話が熱くなるにつれ、口調が荒くなって、ケンカっぽくなりそうな場面もあり、
ハラハラしましたが・・・。
DSC_0031

今後の事業企画をする際の、ヒントとなるような視察でした。

2017年4月22日(土)|活動レポート 

バックナンバー

お使いのブラウザに最新のプラグインをインストールしてください。

  • 七夕ページバナー
  • 深谷まつりバナー


深谷市観光協会

〒366-0824 埼玉県深谷市西島町3-1-8(JR深谷駅内) TEL.048-575-0015 FAX.048-575-0016

このページのトップへ